日本のフードバンクが手をつないで歩む時期がきている。

FBKライフアゲイン代表メッセージLeave a Comment

10月16日(水)の世界食料デーに合わせて、フードバンクシンポジムウ2013
が東京で開催されました。その中でこれからの日本のフードバンクが発展できるよう、
日本のフードバンクをリードしているセカンドハーベストジャパンが
新たにセカンドハーベストジャパンアライアンスを立ち上げ説明がなされました。
フードバンクが社会や企業から信頼される事業として発展していくために、
基本的なルールを決め、各団体が地域に根ざして活躍できるネットワークを構築するためです。

 

DSCF3384-300x225

 

私も数ヶ月前に北九州の地で初めてのフードバンクを立ち上げましたが、
今からが大きな高嶺に向かって歩みだす時だと感じています。
企業も社会も「フードバンクって何ですか?」から始まる事業です。
しかし、この事業の中に社会の構造を根底から変革する種があります。
いつかきっと芽が出て、双葉となり、花が咲き、実が残るよう信じて前進していきます。
どうぞ皆さん応援してください。
この働きは市民運動にならなければいけない事業だと実感しています。

フードバンク北九州ライフアゲイン 原田昌樹

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA