組織・スタッフ紹介

ライフアゲイン組織図


少人数のため、一人が多くの役割を持ち、業務にあたっています。


Image

役員紹介


理事長 原田昌樹

北九州希望の光キリスト教会牧師

「食べ物のいのちは人のいのちにつながっている」・・生活困窮への自立支援に携わる中で、私の心にこの言葉が響きました。そして福岡県内でのフードバンク事業は始まりました。4秒にひとりの尊い人間の命が飢餓で失われている地球。同じ地球で大量の食べ物は食べきれずに廃棄されています。私たちはこの国が抱える食品ロスの問題と生活困窮者、特に将来を担う子どもの貧困問題をフードバンク事業を通して改善させたいと願っています。


副理事長 三宅博之

北九州市立大学法学部教授

ESD(持続可能な開発のための教育)は、現在や未来の持続可能な社
会を作るための重要な教育・学習です。 フードバンクの事業はESDを具体化す
るもので、様々な課題を解決する取り組みです。皆さんと頑張ります。


副理事長 白濱貴子

子ども英会話講師

メンタルケアスペシャリスト

現在は、老人施設、キリスト教会、個人宅へ配達しています。 フードバンクの活動をみんなに広げて、みんなで笑顔になれますように!


理事 山口祐二

ワーカーズコープ九州沖縄事業本部

子育て部スーパーバイザー

楽しく語らいながら一緒に食事をすることほど人に必要なことはなく、次の世代にいのちをつなげることほど大切なことはないと思います。
フードバンクは常に現場で行動しながら考え、社会に必要なものを創り続ける活動であってほしいと願います。



理事 陶山恵子

北九州市消費者団体連絡会参与

コメント作成中


理事 廣岡逸樹

臨床心理士

ライフスキトレーニングセンター樹代表

コメント作成中


理事 高田猛

障がい福祉サービス事業(株)夢つむぎ

代表取締役

コメント作成中


理事 八百屋さやか

環境カウンセラー・技術士

環境教育やエネルギー教育、生ごみを土に還すコンポストの普及活動をしています。 日本では大量の食べ物が捨てられている一方、開発途上国では食べ物がなくて長く生きられない人がたくさんいます。 全ての人が「平等」に良い環境を享受できる社会を目ざして活動していきたいと思います。



監事・財務アドバイザー 大谷晃士

公認会計士

フードバンクは環境・教育・福祉分野等に貢献できる、とても意義のある事業だと思います。この事業がより多くの方々の支持を得られるよう、また持続可能なものとなるように微力ながら貢献していく所存です。 将来世代のために、今できることをしよう」そんな思いからフードバンク事業に携わっています。


事業アドバイザー 大原始

日本労協連センター事業団顧問

現役時代は、労働運動・労働者福祉運動に長年たずさわってきました。定年後は、労働者福祉運動を通じて関わりをもった 日本労協連センター事業団の顧問に就任するとともに、地域活動への参画を模索していました。そのとき、フードバンク北九州 との出会いがありました。できる限りのお手伝いをしたいと思っています。

 
 

スタッフ紹介

私たちがフードバンク北九州ライフアゲインで活動しています


以下のスタッフの他に40名を超えるボランティア、北九州市立大学、西南女学院大学、九州国際大学、麻生公務員専門学院等の50名を超えるボランティア学生、総勢150名の実働メンバーによって、私たちの活動は支えられています。

フードバンク事業

  • リーダー 袋野末緯美
  • 食品管理全般   サブリーダー 上原奈津美
  • 配達及び倉庫管理 サブリーダー 黒田眞生
  • フードドライブ担当: 八百屋さやか

食のセーフティーネット事業

  • リーダー 白濱貴子
  • サブリーダー 大世渡 滋
  • サブリーダー 二口仁子

ファミリーサポート事業

  • リーダー 原田 昌美

子ども食堂 尾倉っ子ホーム

  • サブリーダー(調理) 堀口ひとみ
  • サブリーダー(学習) 山中栄一

子ども食堂 もがるかホーム

  • サブリーダー 池田恵美(食品管理)

もがるかキッズクラブ

原田昌美、白濱貴子、有川葉子、松本恵、池田恵美、吉岡 稔、郷田 滋、黒田眞生


普及啓発事業

  • ホームページ、NEWSレター担当 小林幹人
  • 広報チラシ制作担当 池上美由紀

事務局業務

  • 会計、総務 担当 赤岩郁美
  • 事務局強化担当  陶山恵子

支援者フォローアップ担当

  • 小田一恵

カレーフォーチルドレン市内普及担当

  • 中村ゆきとし

SDGs・環境教育プログラム担当(スタディーツアー)

  • 三宅博之
  • 八百屋さやか