誰かの口に入って欲しい!そのバトンを企業から受け取って走るランナーがフードバンク

FBKライフアゲイン代表メッセージ, 活動報告Leave a Comment

昨日は、山崎製パン福岡工場にごあいさつに伺いました。
とても社内の雰囲気が良くあたたかい対応で出迎えてくださり、
熱心にフードバンクを立ち上げた趣旨を聴いてくださいました。

 

DSCF3385-300x225

 

その中でK課長がおっしゃいました。
「私たちも真心を込めてつくった食品が廃棄されるのはたまらない。
地域のパンくい競争でもいいから、人の口に入ってもらいたい」と・・・
その話をお聞きしたときに私は感じました。この事業はバトンリレーなんだと。
企業が廃棄したくなくても廃棄せざるをえない食品を私たちの手でレスキューし、
企業の方々の思いを引き継いで人様の口に届ける!それが私たちの役目だと・・
工場を後にする時、山崎製パンのおいしいおみやげを用意してくださっていました。

 

話を聞いてくださった総務課の皆様、ありがとうございました。

フードバンク北九州ライフアゲイン 原田昌樹

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA