フードバンク事業を通して“君は世界で1つだけの花だよ”とメッセージを送りたい。

FBKライフアゲイン代表活動報告Leave a Comment

今日は、先日から始まった到津の森公園へお肉の配給に行きました。
水曜日と金曜日に配給日が決まりました。飼育係りの方々もとても喜んで
くださりうれしいです。園長ともフードバンク事業についてお話をする機会がもてました。
先日、子どもに豚が豚肉になるまでの絵本を読み聞かせました。
私たちの食品となるために殺された動物たちのお肉が廃棄されずに動物園で役立てられ
心があったかい気持ちになりました。余談ですがライオンの赤ちゃんの名前はチャチャ丸です。

 

DSCF3391-300x225

 

2013094-225x300

 

昨日は、新聞記者が取材に来られ、北九州で始まったフードバンク事業について
お話をさせていただきました。私は廃棄される食品の姿が、社会から「あなたはいらない!」
と片隅に追いやられている人々と重なって見える気持ちを伝えました。
もちろん食品ロス削減、新たなセーフティーネットの構築、3R政策などは重要な問題です。
しかし、それ以上に社会の人々が思いやりを失って競争社会にのまれていることの方が
問題だと感じています。夫婦がゆっくりと語り合えず、親子の絆が薄れ、家庭が崩壊していることが問題だと感じています。私は食品ロスを削減しつつ、人があたたかい心を取り戻す事業へと発展させたい。歌ではなく事業を通して“君は世界で1つだけの花だよ”とメッセージを送りたいです。みなさんの声援が私たちのエネルギーです。

 

どうぞこれからもフードバンク北九州ライフアゲインを応援してください!

フードバンク北九州ライフアゲイン 原田昌樹

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA