特定非営利活動法人フードバンク北九州ライフアゲイン » お知らせ・活動報告

お問い合わせはこちら
お知らせ・活動報告

最新の投稿

カテゴリ

アーカイブ

ボランティアの登録はこちら
各種書類ダウンロード
食品ロス削減プロジェクトはこちら
古本寄付のお願い

お知らせ・活動報告

食品ロス削減研究会を開始しました。

2014年09月2日

8月5日 フードバンク北九州ライフアゲイでは、福岡県リサイクル総合研究事業化センターの支援を受けながら北九州市立大学と連携して、食品ロス削減研究会をスタートしました。

 

フードバンクでは、食品ロスの削減と福祉への貢献は車の両輪のようなもので、今回の研究会では前者の食品ロス削減に焦点を当てた研究会です。

 

031-1

 

日本では、毎年500~800万トンの食品ロスが発生していると言われています。これは日本のコメの生産量850万トン に匹敵する膨大な量です。        国では、この食品ロスを削減するために、昨年より食品ロス削減国民運動を開始し、日本全国の県や市町村でいろんな取組みが行われております。   残念ながら九州では、まだ食品ロス削減に関する取り組みが行われておらず、このような活動が行われていることもあまり知られていないのが実態です。

 

フードバンク北九州では、この研究会を通じて北九州市民を始め、福岡県民に対しても広くこの活動を普及・定着させることを目的としています。

来月より、福岡県リサイクル総合研究事業化センターの支援を受けながら、県内の食品メーカーさんを訪問し、食品ロスに関する意見交換を行うとともに食品ロスがある場合は、フードバンクへの寄付をお願いしてゆきます。
また北九州市立大学では、北九州市地区の10大学が連携して行っている「まなびとESDキャンパス」を通じて、学生さんとともにプロジェクトを立ち上げ、一緒に活動してまいります。

 

フードバンク北九州では、「食べられる命は人の命につながっている」をスローガンに、まだ食べられるのに捨てられている食品を一つでも多く救ってゆきたい。そしてその食品が人のために役立つ事を願って活動してまいります。

 

今後とも皆さんのご支援お願いします。

 

フードバンク北九州ライフアゲイン 永野英男

バナナの配給を始めました。

2014年08月22日

8月より、㈱ドール様のご好意によりバナナを提供していただけることとなり、福岡市と北九州市で配給を開始しました。

 

010

 

このバナナは、毎週フィリピンから箱崎埠頭についたもので

検疫所にて植物検査のために開封されるため、検査後通常の出荷が出来なくったものです。
植物検査では、害虫などが付着していないか調べるものですが、箱から出して見る為に内装
が破られ、バナナの外側に多少の傷などがつく事がある為に、出荷できなくなったもので通常の販売品
と全く遜色のないものです。

 

この検査後のバナナが毎週2000~3000本出てきて、今まではすべて廃棄されていましたが
それを今月よりドールさんから頂いて、福岡と北九州の施設や個人に配給を始めました。
通常の出荷品と同じタイミングでいただくために、まだ少し青みがかったものもありますが
その分日持ちがします。

 

バナナは、そのまま食べる以外にジュースにしたり、凍らせてアイスバナナにしたりといろんな
食べ方があり、大人も子供もすごく喜んでくれています。
子どもたちの喜ぶ顔をみると、配送の苦労も忘れます。
ドール様には、本当に感謝しています。

 

これからバナナに引き続き、食品メーカーに新たな食品の提供を呼び掛けてゆきたいと考えています。
提供食品が増えてくると、配送の負担がさらに大きくなってきますが、フードバンクの発展のためには
少しでも多くの食品を少しでも多くの方に届けることが我々の使命と考えていますので、多くの方々の
ご支援をこれからもよろしくお願いします。

 

 

フードバンク北九州ライフアゲイン  永野英男

ホームページをリニューアルしました。

2014年08月14日

2014年8月14日にフードバンク北九州ライフアゲインのホームページをリニューアルしました。

今後ともよろしく御願いいたします。

いらない人間なんていない

2014年08月7日

先日、由布院で就労B型作業所『由布の麓』を運営している施設長の衛藤さんより
連絡があり、フードバンクを見学させてもらいたいと申し出がありました。
そして、それから数日して見学に来られ、1日を一緒に配給して回りました。

 

名称未設定-3

 

その途中で、衛藤さんがご自分の思いを語ってくださいました。
「知的・精神・身体のハンディーを抱えておられる利用者が活き活きと活動できる、
なごやかな空間を創造したいですね」と・・・

 

合言葉は“マイペース”。ハンディーを抱えておられてもすばらしい仕事はできる!
しかし、早く、急いで、大量にが苦手な方々。

 

お話をお聞きしながら、以前あるTV番組で、重い障害を持って生まれた子どもを授かったお母さんのインタビューを思い出しました。

 

「神様は役割のない人間をおつくりにはならない。そうこの子を見て思うのです。
この子は現代社会で生きる私たちの欠けを埋めるために生まれたんだなあと思うのです。
なぜなら、私たち夫婦に、この子はいつも忘れている大切なことを教えてくれるのです。」と・・・

フードバンク北九州ライフアゲイン 原田昌樹

若い世代に、思いやりのある社会を引き継がせたい!

2014年07月26日

先日、明治学園の先生からメールで依頼がありました。
「男子学生に、フードバンクの活動をテーマにして経験が伴う
学習をさせたいのですが、いかがでしょうか」というものでした。

 

私は快く引き受け、配給先である薬物依存症の更生施設である『北九州ダルク』
の一室をお借りしてその時を持つことにしました。7月23日に男子学生12名と
引率の先生が『北九州ダルク』へ到着し、1時間ほどの時を持ちました。

 

いろいろな質問の後、ダルクの職員と私は彼らに伝えました。
「人生にはいろいろな谷間を経験することがあります。しかし、決してあきらめないでください。
どん底からでも一緒に立ち上がろう、やり直そうと支え合える仲間が必ずいます。
もし、まわりの友人の中にそんな友がいたら、私たちを紹介してください。また君たちが
そのような辛い状況に立たされた時には、私たちを思い出してください。」

 

名称未設定-2

 

終わったら、皆で一斉に「ありがとうございました!」の声を響かせ学生たちは帰っていきました。

 

自分で学生たちに語りながら、『私は何のためにこの事業をしているのか』と自問自答しながら私も帰りました。
私たちのミッションは“ライフアゲイン”の社名に込めています。
誰もが、息を吹き返して輝きを取り戻し、その人らしく生活できる新しい循環型社会を目指して行きます。

フードバンク北九州ライフアゲイン 原田昌樹

フードバンク事業が官・企・学・民の協働事業となることを目指して

2014年07月10日

フードバンク北九州ライフアゲインも、皆さまの支援に支えられて 一歩一歩着実に前進しています。先日は、北九州市立大学の環境を専門に研究されているM先生が見学に 来られ、将来、どのように大学と協働していけるかを話し合いました。 また、新しい小倉南区からのボランティアさんが加わり、小倉南区の双葉学園にも 配給ができるようになりました。

 

名称未設定-1

 

現在、企業をこれから訪問するために不可欠な、食品を管理するための倉庫を確保 するために、候補になる空き店舗などをあたって交渉を進めています。一日も早く 活動拠点が与えらえることを願っています。

 

私はフードバンク事業は、必ず発展させなければならない事業だと考えています。 フードバンクが日本に到来して十数年が過ぎましたが、フードバンクがレスキューしている 食べられる廃棄食品の量は800万トン中、まだ数%にすぎません。その一方で人間社会における 人と人との関わりは、愛や思いやりよりも実績や能力が重視され、勝ち組負け組を分ける 2極化が進んでいるように思えます。

 

「食のいのちは人のいのちにつながっている」

 

このスローガンは私が今まで社会的に弱い立場の人々の自立支援活動をしてきた実感から 生まれたものです。人のいのちを大切にする社会を構築するために、まず食のいのちを救う。 食を大切にする心が広がっていけば、自ずと人のいのちをも大切にする心が社会に回復されていくと 信じています。そしてその時に新しい循環型社会の形が見えてくるのではないでしょうか。

フードバンク北九州ライフアゲイン 原田昌樹

私たちがNPO法人を選んだ理由

2014年06月14日

6月8日の西日本新聞の朝刊に記事が出ました。

 

KIMG0243

 

少しずつフードバンク事業に興味を持ってくださる方が増えている ことを実感しています。先日、記者の方がこう尋ねられました。 「どうしてNPO法人を選ばれたのですか?」 私は次のように答えました。 「誰かではなく、この社会全体が大切ないのちを育む食べ物を知らず知らず のうちに粗末にし、同様に、大切なひとり一人の価値も低められているように 感じます。だからこの事業は社会全体に“気づき”を与える使命を担い、 誰かが利益を得るのではなく、社会全体が利益を実感する事業に発展させなければ なりません。またこの事業は行政も企業も踏み込めない社会のはざ間に踏み込む 事業です。だからNPOを選びました。もう一つ、法人を申請した理由は、企業との 信頼関係構築です。何を言っても、廃棄されようとしている食品を企業からいただ かなければフードバンク事業は成り立ちません。企業に安心して食品を提供して いただくため、信頼のおける組織づくりを心がけて法人申請をしました。」

 

7月から水曜日のボランティアさんがひとり加わりました。感謝しています。

 

DSCF1053-300x225

フードバンク北九州ライフアゲイン 原田昌樹

法人設立総会を開催:私たちに与えられた使命を心に刻んでいざ出陣!

2014年05月18日

4月28日に法人設立総会を開催いたしました。 1年前はNPOの意味もわからなかった私が、多くの方々に支えられて ここまでたどりつきました。ひとり一人が熱い思いで このフードバンク事業に関わっていこうと一致団結したひとときでした。

 

設立総会の始まる直前にフードバンク山梨より電話がありました。 内容は日本のフードバンクの発展と食のセーフティーネットを全国的に進展 させるための協議会を設立したいとの呼びかけでした。 フードバンクが日本でスタートして十数年、約40団体が組織された今、 新たな進展のために動かなければならない時期が来ていると私も実感しています。

 

フードバンク事業は単なる食品ロス削減の事業ではなく、人のいのちがどう扱われるか、 いのちの尊厳につながる大切な事業なのです。この事業で働きたい! この事業で生活の糧を得てこの事業に関わりたいという方々が現れたとき、 「どうぞ!」と言える事業に発展しなければならないと私は考えています。鷲が大空高くに飛び舞うように発展しなければならないと考えているのです。たとえ社会的ハンディーを何か抱えていても、「私も世の中の役に立っているんだ!」と誰もが実感できる社会構造に変革していきましょう。皆さんおひとりお一人のお力と応援が必要です。

 

 

 

フードバンク北九州ライフアゲイン 原田昌樹

食べ物のいのちは人のいのちにつながっている!

2014年04月19日

先日の4月12日にサポーターおよび関係者の方々に呼び掛けて 第2回ボランティア・サポーター集会を開催しました。 法人設立に向けて、関わる者たちが同じ方向を目指して歩めるためにです。

 

02-300x168

 

50名ほどの方々が参加してくださり、設立の動機や事業計画を 熱心に耳を傾けて聞いてくださいました。いよいよ今月末の28日が 法人設立総会です。捨てられるはずであった食品が息を吹き返し、 希望や生きがい、あるいは、生活のゆとりを失っている人々に、 同じ人間の、あたたかい手と真心を通して提供される時、 きっとその方々の心をも息を吹き返し、生きる力が与えられると信じています。

 

モットーは“食べ物のいのちは人のいのちにつながっている”です。

フードバンク北九州ライフアゲイン 原田昌樹

 

いよいよ第2回ボランティア・サポーター集会開催!

2014年04月10日

いよいよ今週の12日にサポーターおよび関係者の方々に呼び掛けて 第2回ボランティア・サポーター集会を開催します。場所は北九州市内のウエル戸畑8階、時間は10時からです。 サポーターも100名を超え、今月末には法人設立総会を開催する予定です。 第1回目は初期のボランティア10名程度にお声かけし、トラブルへの対処が目的でしたが、 今回は関わる者たちが、設立を前に同じ方向を目指して歩めるように開催されます。

 

DSCF10361

 

3月に入ってから、毎週1回程度、定款や事業計画、組織の形などを コアになるメンバーが集まって話し合いを続けています。  昨年の1月にNHKのある番組で、フードバンク事業を初めて知り、 3月に東京で開催された農水省主催の食品ロスのシンポジウムに参加しました。 あれから約1年、ゆっくり前進し、ひとり1人支援者が手を上げてくださいました。 きっとこの事業の必要性に多くは共鳴してくださったのだと思います。 振り込まれるサポート料金を見るたびに、襟を正されます。

 

今年は大きな段差の階段を1段登り、法人としてスタートする年となりますので、 どうぞ変らぬ支援をよろしくお願いいたします。

フードバンク北九州ライフアゲイン 原田昌樹


ページトップへ