講演終了:栄養士のたまごたちよ!大志を抱け。

FBKライフアゲイン代表メッセージ, 未分類Leave a Comment

6月5日と8日、市内大学の栄養士を目指す学生にフードバンク事業に
栄養士がどう関われるかについて講演しました。
講演後、一緒にワールドカフェでいろいろなアイデアを学生たちが出し合いました。

私たちは、フードバンクに寄贈された食品を生活困窮者の支援に役立てています。
その対象世帯の多くが子育てをしている親子であり、シングル世帯です。
一生懸命頑張っているけれども、非正規雇用など安定した収入が難しく、
どうしても食費が切り詰められ、子どもの食生活において栄養バランスが偏ってしまうのです。

フードバンクは食品提供をするだけではなく、子どもたちが健やかに
成長できるように栄養にも配慮した取り組みを始めなければと考えています。

将来は、給食のない夏休みなどに子ども食堂などをオープンし、
いただいた新鮮なお野菜や果物を子どもたちに食べてもらいたいです。
栄養士の大学生ボランティアのお姉ちゃんや地域のおばさんたちが
子どもと一緒に料理をつくり、子どもが家に帰っても自分で調理できるように
簡単レシピを渡せたら・・・「お母さん、今日は僕が味噌汁つくったよ」

廃棄されようとしていた食べ物が、人の笑顔を生み出していく。
まだいのちがあれば、食べ物も、そして人間も息を吹き返して役に立てる。
そんな風景が世の中のあちらこちらで見れたらいいなあと、夢を見ています。

     info@fbkitaq.net 093-672-5347(ゴミにしない)
             NPO法人フードバンク北九州ライフアゲイン  
                       代表理事 原田昌樹

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA