特定非営利活動法人フードバンク北九州ライフアゲイン » お知らせ・活動報告

お問い合わせはこちら
お知らせ・活動報告

最新の投稿

カテゴリ

アーカイブ

ボランティアの登録はこちら
各種書類ダウンロード
食品ロス削減プロジェクトはこちら
古本寄付のお願い

お知らせ・活動報告

講演終了:セルフハート会議《春の交流会》にて

2015年06月1日

本日5月31日(日)に、北九州市の精神保健福祉センターにて
セルフヘルプグループの集りがありました。
その集りの中でフードバンク北九州の活動を発表させていただきました。
また私が個人的に活動している自立支援“ミッションロープ”のメンバーが
5月17日に依存症回復のセルフヘルプグループ《キューピット八幡ひがし》を
スタートさせたのでその紹介もさせていただきました。
時間:13時~14時

イオン幸せの黄色いレシートキャンペーン、初参加!

2015年05月12日

5月11日、《イオン幸せの黄色いレシートキャンペーン》の活動アピールで
初めてイオン八幡東店に行きました。4名で黄色い【食品ロス削減プロジェクト】のハッピを着て
店内で呼びかけ運動をしました。
キャプチャ

「こんにちは、今日はイオンの黄色いレシートキャンペーンの日です。
今日の日付のレシートがあればぜひボックスに入れてくださーい」

にっこり微笑んで「ごめんなさい、後でお買い物をしてくるからね」・・・
そんな方が本当にお買い物をしてボックスまで歩いて来られた時は、20人ぐらい反応なしで通り過ぎても
元気がまたもらえました。

皆さん、毎月11日はイオンの黄色いレシートキャンペーン日です。
イオン八幡東店に行かれる方はぜひ《フードバンク北九州ライフアゲインのボックス》にレシートを入れてください。

1階トイザらス前と2階のスターバックス前に各団体ごとのボックスがあります。
フードバンク北九州のボックスに入れてください。その日付のレシートであれば白色でもOKです。

よろしくお願いいたします。

          fbkitaq@iga.bbiq.jp 093-672-5347(ゴミにしない)
                 NPO法人フードバンク北九州ライフアゲイン  
                            代表理事 原田昌樹

農家とフードバンクが協力してできること発見!

2015年04月27日

先日、山梨県からお米がフードバンク山梨を通じて農家様より1.8トンも送られて来ました。
袋を開けてみるとすべて“もみ”。さあ、籾摺りをどうしたらいいかと農協に尋ねたところ、
北九州市内の農家様を紹介してくださいました。早速籾摺りのお願いをするためにお自宅に伺いました。
そして話を進めていたら、春と秋ははじゃがいも、秋は里芋が大量に無駄になっている話を伺いました。
田植えの時期に入ると、里芋は収穫する暇がなく、そのままつぶしてしまうのだそうです。
IMG_1498
仕事のない人の就労支援として、あるいは福祉施設間や学生同士の交流の場として、
収穫してくれるなら手間賃を出してもいいとおっしゃってくださいました。

それで、早速今秋の事前練習として、急遽里芋堀りをしよういうことに決まり、
NPO法人抱樸や北九州市立大学の学生、ファミリーホームなどに声をかけて20名程が集まりました。
DSCN0408
IMG_1501
以下は、抱樸の方から寄せられた感想です。

先日は、里芋堀のご縁をくださいまして、ありがとうございました。
たくさんの里芋をくださいまして、ありがとうございます。
食した方々から、「すごく美味しい里芋だった」との感想をもらっています。
自然の力は絶大だと感じたとともに、こうして廃棄されていく食べ物と人とを繫ぐ大切な活動であると実感いたしました。

           fbkitaq@iga.bbiq.jp 093-672-5347(ゴミにしない)
                  NPO法人フードバンク北九州ライフアゲイン  
                             代表理事 原田昌樹

講演終了:うちのごはんSAIKOU

2015年04月20日

日時:5月27日(水)午前10時~12時
場所:平野市民センター (八幡東区桃園4丁目1-1 093-661-1584)
対象:どなたでもOK

KIMG0199

30名ほどの方々が熱心に聞いてくださいました。
そして、ボランティアをしたいといってくださった男性や
次回の会議で皆に話してくださいと言われた民生委員の方、
この話は全市民センターに届けるべきだとおっしゃた方など
とてもうれしい反応が返ってきました。感謝します。

SANYO DIGITAL CAMERA

総会終了:初年度総会および第4回ボランティア・サポーター集会

2015年04月20日

日時:5月23日(土曜日)
   総会 午前10時~12時
   第4回ボランティア・サポーター集会 午後1時~3時
場所:ウエル戸畑 12階 121・122会議室
対象:総会:正会員
   第4回ボランティア・サポーター集会
    ●すべての会員
    ●すべてのボランティア
    ●受け取り施設の関係者(各福祉施設)
    ●食品寄贈関係者(企業、農家、個人寄贈者)
    ●フードバンク活動に関心をもたれている方々

講演終了:八幡ロータリークラブにて

2015年04月20日

日時:4月28日(火曜日)午後1時~1時30分
場所:大谷会館(八幡東区)
対象:八幡ロータリークラブ会員(50名程)
KIMG0208

食品ロス削減学生プロジェクト!北九大にてエンジン始動

2015年04月20日

4月4日から8日にかけて、北九州市立大学の新入生歓迎イベントがキャンパス内で行われました。
今年に入ってハッピやのぼりも学生デザインで作成し、新歓でも大いに目立って声かけに励みました。
いよいよ“まなびとESDステーション”において結成した『食品ロス削減学生プロジェクト』が
北九州市立大学を中心にスタートしたという実感を持ちました。
http://manabito.kitakyu-u.ac.jp/whats

11133917_690408654418440_6607902555834721755_o[1]

参加してくれた学生さんの感想です。

今日は、雨は降らなかったものの北風が寒い( ;∀;)
さて、広報2日目。原田さんも応援に駆け付けてくれました!
「たまに興味を持って話を聞きに来てくれる人がいた」と、三宅先生や玉川さんの談。
明日来てくれるとなんだか来年にもつながる気がするんですけど、高望みしないよう明日を楽しみに迎えます!
16時から大学2号館5階で新入生歓迎会と食ロスPJについての説明をちょこっとやります!
興味のある人は遊びに来てください!お菓子と飲み物等を準備してお待ちしております!

結果、8日に開催した新歓イベントには4名の新人が参加してくれました。
11132096_10152660509867085_1166713925_n

5月30日のゴミZEROの日には、初の一大イベントを計画しています。
詳細はまたお知らせしますので、ぜひ関心のある方は参加してください!

          fbkitaq@iga.bbiq.jp 093-672-5347(ゴミにしない)
                 NPO法人フードバンク北九州ライフアゲイン  
                            代表理事 原田昌樹

フードバンク北九州は“無償性”の旗をなびかせよ!

2015年03月31日

先日の3月21日に西日本綜合展示場新館にてソーシャルビジネスメッセ北九州が開催されました。
九州の食EXPOと同時開催で、県内にある様々な食品メーカーや関連会社と名刺交換ができました。
KIMG0191

『フードバンク北九州ライフアゲイン』として、運営費を安定させるためにもソーシャルビジネスを
事業に組み入れるかを検討しました。結果はしっかりと基盤が座るまでは本体事業の柱に無償性を掲げていくことに決めました。

《無償でいただいた食品を、要支援者に無償でお届けする》

だからこそこの事業は共感者の寄付によって支えられなければならない。
この、より多くの県民に草の根で広がるスピリットがぶれないためにも無償性の旗を掲げました。

     
          fbkitaq@iga.bbiq.jp 093-672-5347(ゴミにしない)
                 NPO法人フードバンク北九州ライフアゲイン  
                            代表理事 原田昌樹

明るい兆しが見えてきました。

2015年01月6日

食品を提供して、もし事故が起きたら誰が責任とってくれるの?企業のブランドに傷がついたらどうするの?
食品企業訪問に行って、一番多く言われる言葉です。

 

食品ロス削減研究会の活動の一環として、昨年10月から、食品関連企業を訪問し、フードバンクに対する意識調査と食品の提供のお願いをしてきました。 今までに訪問した企業数は13社。

冒頭の言葉を聞くたびに、フードバンクは通常の販売に比べて、顔が見えている人に直接手渡ししているから、かえって安全ですよ。フードバンクが日本に出来てすでに14年になるが、今までクレームは一回も発生したことはないよと強く訴えてきましたが、それでも100%ないとは言い切れないでしょという言葉が帰ってきます。

 
IMG_8737

 

 

そんな中でも、13社のうち、5社の企業さんから食品ロスが発生したら協力するよというありがたい言葉を頂き、すでに2社から食品の提供を受けました。

 

少しずつですが、明るい兆しも見えてきています。

 

食品関連企業さんは、提供した食品の管理が不十分でお腹を壊したり、横流しされたりすることをすごく恐れています。一度事故が起きるとフードバンクの信用は壊れてしまいます。フードバンク事業とは、人と人との信頼の上に成り立っています。その信頼を壊すことは絶対にあってはならない事です。そのために我々は、日々食品の管理に一番気を使い、提供して頂いた食品が誰に渡ったかも把握できるシステムも作ってきました。 しかし、フードバンクへの理解はまだまだ不十分です。これからも企業訪問やいろんな機会を見つけてフードバンクのことを知ってもらい、地道に活動を続けていけば、きっといつか多くの方がフードバンクを応援してくれる社会が来ることを信じています。 今年は未年、一歩一歩着実に、そしていつか大きく翔くことを夢見て、今年も頑張ってゆきたいと思います。応援よろしくお願いします。

 

 

フードバンク北九州ライフアゲイン 副理事長 永野英男

facebookに「食品ロス削減プロジェクト」のサイトを開設しました。

2015年01月6日

facebook[食品ロス削減プロジェクト]のURLはこちらです。

興味のある方は、ぜひ参加してください。


ページトップへ