SDGs達成はESD(教育)がカギ!

FBKライフアゲイン代表写真付き活動報告

11月27日(水)
北九州子どもの村中学校の生徒が
今年度、「食品ロス」をテーマに活動をしています。

昨今はSDGs(持続可能な開発目標)が叫ばれ、国も企業も達成に向けて動き出しています。しかし、子ども達も含めた国民が動き出さなければ真のムーブメントは起きないと感じ、私たちはESD(持続可能な社会を創る教育)を重要視し、中高大へのスタディーツアーや体験学習に取り組み始めました。
子どもの村の中学生は、来年3月まで月1、2回フードバンク北九州ライフアゲインにて一緒にフードバンクの活動をしていきます!
フードバンクでの活動を通して見えてくるものを沢山感じとって欲しいと思います。

〜クリスマスのお菓子の詰め合わせ作業風景〜