特定非営利活動法人フードバンク北九州ライフアゲイン » フードバンクとは

お問い合わせはこちら
フードバンクとは
ボランティアの登録はこちら
各種書類ダウンロード
食品ロス削減プロジェクトはこちら
古本寄付のお願い

フードバンクとは

メディアでも少しずつ紹介されるようになってきたフードバンク活動ですが、その理念や活動内容について紹介します。

大量廃棄される、「もったいない」

わが国では、品質や安全性に問題がないのに処分されている食品は年間500~800万トン。
処分に至る原因は、印字ミスや箱が壊れたり、規格外であったりすること。
賞味期限内であり、まだ食べられる状態にも関わらず、大量に廃棄されています。

大量廃棄される、「もったいない」


「もったいない」を「ありがとう」へ

そのような食品のうち、企業や農家・個人などにご寄付いただき、生活に困窮する状況にある方々へ無償で食料を届けるのが、フードバンクの活動です。
たくさんの企業や農家・個人などにご寄付いただけるよう、フードバンクの活動について周知を図りつつ、生活困窮状態にある方々への食糧支援のコーディネートを行っています。

「もったいない」を「ありがとう」へ

どんな方へ届けているのか?

私たちは、生活困窮者(ひとり親家庭、介護家庭、失業者、外国人労働者、路上生活者等)、児童養護施設、障がい者施設、老人介護施設、里親家庭、ファミリーホームなどにご寄付いただいた食料を届けています。

どんな方へ届けているのか?


何を目指しているのか?

フードバンクは、この社会にあふれる『もったいない』を『ありがとう』に変える取り組みを通し、困窮状態にある方の今日を支えると共に、この活動を通し新しい社会システムの構築、企業の社会貢献(CSR)を手助けすることを目指しています。

何を目指しているのか?



ページトップへ