特定非営利活動法人フードバンク北九州ライフアゲイン » お知らせ・活動報告

お問い合わせはこちら
お知らせ・活動報告

最新の投稿

カテゴリ

アーカイブ

ボランティアの登録はこちら
各種書類ダウンロード
食品ロス削減プロジェクトはこちら
古本寄付のお願い

お知らせ・活動報告

スタートした年が去り、新しいスタートを切る年が始まろうとしている!感謝、感謝、感謝。

2013年12月28日

12月27日の食品配給が今年の仕事納めになりました。
7月からスタートした北九州でのフードバンク事業もさまざまな人々の
支援によって半年が経過しました。サポーターも今日現在で63名になり、
ボランティアの皆さんのおかげで、毎日コストコから受け取る食品寄贈品を
必要な施設・個人に配給できています。心から申し上げます。
ありがとうございました。

 

song_img01-300x279

 

現在、世界では5秒に一人の子どもが飢餓が原因で死んでいます。
世界の食料の80%を世界人口20%の先進国の人々が消費している
からです。

 

63oku_03-300x212

 

日本における年間の食料廃棄物の量は2000万トンです。
だからと言って、日本が豊かな国なのかといえば決してそうではありません。
相対的貧困率は年々上昇しています。09年時点で17歳以下の子どもの約16%、
320万人以上が貧困状態にあります。離婚率の上昇により、ひとり親世帯が増加し、
ひとり親世帯の子どもに限ると貧困率は5割を超え、先進国で最悪の水準なのです。

 

image14-300x200

 

私たちひとり一人が意識して、この国の社会構造にアタックしていく時期が来ている
と実感しています。フードバンクは私たち日本人が失ってしまった大切な宝物、
『いただきます』『もったいない』『おすそわけ』のあたたかい心を
取り戻すためにスタートした新事業です。

 

ぜひ、新しい年も応援してください!
そして、あなたも一緒に関わっていただけないでしょうか。
この社会は、あなたの志を必要としていると思います。ともに励まし合いましょう!

フードバンク北九州ライフアゲイン 原田昌樹

みんなちがってみんないい!隔てのない社会を目指して進みます。

2013年12月7日

今日は、山口県でもフードバンク事業をスタートさせたいと
願っておられるYさんと一緒に配給にまわりました。
車を運転しながらいろいろと話す中で感じたことがありました。
それは、社会的に弱い立場の方々への支援活動を始めたいと思い、
その思いが消えずに行動を起こすまでにあたたまっていく方々は、
決して慈善事業を起こしたいと願っているのではなく、支援する側される側と境界線を引いてもいません。いろいろな人生経験の中で弱さを自覚し、支援したい方々と同じ側にいる仲間なのです。私自身もそうです。孤立している方々の中に自分の姿が映るときがあります。
その方々がはじかれたら、自分がはじかれているように感じるときがあるのです。
だからこそ、そう簡単にはあきらめるわけにはいきません。

 

今日の最後の配給先は初めて訪れた施設「じねん舎」です。

 

DSCF3394-300x225

 

さまざまな弱さやハンディーを抱えた方々と健常者が普通に過ごせる居場所です。
作業が中心ではなく、居場所として過ごせる空間を大切にしています。
ここでも感じました。誰かが始めなかったら、ここにおられる方々の笑顔には
出会えなかったんだなあと・・・・
さあ、クリスマスがもうすぐそこにやってきてます。
この町のひとりひとりにサンタさんがプレゼントを届けてくれますように。

フードバンク北九州ライフアゲイン 原田昌樹

フードバンク事業を通して“君は世界で1つだけの花だよ”とメッセージを送りたい。

2013年11月23日

今日は、先日から始まった到津の森公園へお肉の配給に行きました。
水曜日と金曜日に配給日が決まりました。飼育係りの方々もとても喜んで
くださりうれしいです。園長ともフードバンク事業についてお話をする機会がもてました。
先日、子どもに豚が豚肉になるまでの絵本を読み聞かせました。
私たちの食品となるために殺された動物たちのお肉が廃棄されずに動物園で役立てられ
心があったかい気持ちになりました。余談ですがライオンの赤ちゃんの名前はチャチャ丸です。

 

DSCF3391-300x225

 

2013094-225x300

 

昨日は、新聞記者が取材に来られ、北九州で始まったフードバンク事業について
お話をさせていただきました。私は廃棄される食品の姿が、社会から「あなたはいらない!」
と片隅に追いやられている人々と重なって見える気持ちを伝えました。
もちろん食品ロス削減、新たなセーフティーネットの構築、3R政策などは重要な問題です。
しかし、それ以上に社会の人々が思いやりを失って競争社会にのまれていることの方が
問題だと感じています。夫婦がゆっくりと語り合えず、親子の絆が薄れ、家庭が崩壊していることが問題だと感じています。私は食品ロスを削減しつつ、人があたたかい心を取り戻す事業へと発展させたい。歌ではなく事業を通して“君は世界で1つだけの花だよ”とメッセージを送りたいです。みなさんの声援が私たちのエネルギーです。

 

どうぞこれからもフードバンク北九州ライフアゲインを応援してください!

フードバンク北九州ライフアゲイン 原田昌樹

日々の出会いがやりがいにつながり、励ましと力をいただいています。

2013年11月6日

今日は、北九州市若松区にある、学術研究都市内の
「福岡県リサイクル総合研究事業化センター」のNさんから連絡があり、
フードバンク北九州の展望をお伝えしました。
ともに意気投合し、これから地域に根ざし、地域に愛されるフードバンクに
成長するために、お互いにどう協力し合えるかを話し合いました。
とても有意義な時間でした。コストコでのフードバンク活動を見学したいということで、
一緒にコストコに行き、ボランティアの皆さんと記念写真を撮りました。

 

DSCF3390-300x225

 

午後には、コストコへもう一度食品寄贈のお肉をいただきに行きました。
お肉は動物のエサに限っての寄贈で、いよいよ到津の森公園へ配給に行きます。
お肉の廃棄が“もったいない”のと、動物のエサ代が不足していると
園長からお聞きしていたので、コストコと動物園の間ににフードバンクが入り、
お話を進めていました。やっとコストコの承諾がでて、今日が初めてのサンプル配給でした。
到津の森公園の職員や飼育係の方々が出迎えてくださり、とても喜んでくださいました。
ライオンの赤ちゃんが生まれたそうです!

フードバンク北九州ライフアゲイン 原田昌樹

地域ごとにボランティアの輪が広がり、手をつないでこの町を愛で囲もう!

2013年11月5日

先日の金曜日から、門司地区のボランティアにEさんが加わってくださいました。
小倉の拠点にカトリック小倉教会が場所を提供してくださり、
今後の活動にとって本当にありがたいです。

 

DSCF3387-300x225

 

私は食品をお届けしながら心を引き締めています。
なぜなら、日々の活動であり余っている食品をお届けすることに
気持ちを奪われ、それで安心してしまう時があるからです。
本来の事業目的は、食品を通してあたたかい心をお届けすることです。
廃棄されようとしている食品が社会的に弱い立場の人々に重ねて見えた。
だから立ち上げて歩みだした事業です。この事業の目指すところは、
は社会構造を変革する新しい循環型社会の構築にあります。
そのことを忘れてはいけない!そう感じています。

フードバンク北九州ライフアゲイン 原田昌樹

廃棄されようとしている食品の1%しか救えていない現実を忘れてはいけない!

2013年10月23日

今日は、午後から福岡市にあるキューピー福岡支店と
マックスバリュー九州にごあいさつに行きました。
キューピーはフードバンクに積極的に関わってくださっている企業です。
福岡においては東京のように食品寄贈はありませんが、
今後、キューピーとの道が福岡においても開かれることを期待しています。

 

DSCF3386-300x225

 

企業を回りながら、本当にフードバンク事業はこれからだなと実感しています。
ほとんど知られていない事業で企業の多くが「どの部署が担当かな?」と
首をひねってしまう状態なのです。
そんな時はいつも自分を奮い立たせます。「99%が捨てられているんだ!
現在のフードバンクでは1%しかレスキューできていないんだ」
首をひねられても前進前進また前進!

フードバンク北九州ライフアゲイン 原田昌樹

 

誰かの口に入って欲しい!そのバトンを企業から受け取って走るランナーがフードバンク

2013年10月22日

昨日は、山崎製パン福岡工場にごあいさつに伺いました。
とても社内の雰囲気が良くあたたかい対応で出迎えてくださり、
熱心にフードバンクを立ち上げた趣旨を聴いてくださいました。

 

DSCF3385-300x225

 

その中でK課長がおっしゃいました。
「私たちも真心を込めてつくった食品が廃棄されるのはたまらない。
地域のパンくい競争でもいいから、人の口に入ってもらいたい」と・・・
その話をお聞きしたときに私は感じました。この事業はバトンリレーなんだと。
企業が廃棄したくなくても廃棄せざるをえない食品を私たちの手でレスキューし、
企業の方々の思いを引き継いで人様の口に届ける!それが私たちの役目だと・・
工場を後にする時、山崎製パンのおいしいおみやげを用意してくださっていました。

 

話を聞いてくださった総務課の皆様、ありがとうございました。

フードバンク北九州ライフアゲイン 原田昌樹

日本のフードバンクが手をつないで歩む時期がきている。

2013年10月20日

10月16日(水)の世界食料デーに合わせて、フードバンクシンポジムウ2013
が東京で開催されました。その中でこれからの日本のフードバンクが発展できるよう、
日本のフードバンクをリードしているセカンドハーベストジャパンが
新たにセカンドハーベストジャパンアライアンスを立ち上げ説明がなされました。
フードバンクが社会や企業から信頼される事業として発展していくために、
基本的なルールを決め、各団体が地域に根ざして活躍できるネットワークを構築するためです。

 

DSCF3384-300x225

 

私も数ヶ月前に北九州の地で初めてのフードバンクを立ち上げましたが、
今からが大きな高嶺に向かって歩みだす時だと感じています。
企業も社会も「フードバンクって何ですか?」から始まる事業です。
しかし、この事業の中に社会の構造を根底から変革する種があります。
いつかきっと芽が出て、双葉となり、花が咲き、実が残るよう信じて前進していきます。
どうぞ皆さん応援してください。
この働きは市民運動にならなければいけない事業だと実感しています。

フードバンク北九州ライフアゲイン 原田昌樹

第1回世界食料デーをカトリック小倉教会にて開催!

2013年10月13日

昨日は、北九州市で初めての世界食料デー北九州大会を開催しました。
場所はカトリック小倉教会、時間は午後1時半から3時すぎまで行いました。
30名近くの方々がお忙しい中ご来場くださり、とても嬉しかったです。
前日にRKB“今日感テレビ 伝言板”にて宣伝させていただきました。

 

今日感テレビ 伝言板

 

これから協働して活動する認定NPO法人ホームレス支援機構の奥田理事長も
駆けつけてくださり、「物が人の温かい手を通して渡される時、物語りとなります。
ぜひフードバンクストーリーにしてください。」と話を締めくくってくださいました。

 

最後に日本国際飢餓対策機構の田村氏が世界の飢餓の現状を伝えてくださいました。
5秒にひとりの子どもが飢餓で死んでいること・・
1日に25000人の子どもが死に、田村氏の出身地(市民5万人)なら2日で市民全員が餓死してしまう数だと具体的に話してくださいました。

 

私たちが無関心になってはいけません。
きっと立ち上がれば座っていたときには見えなかった、“やるべきこと”が見えてくるはずです。
皆さん一緒に立ち上がりましょう。

フードバンク北九州ライフアゲイン 原田昌樹

大きなマイナスの過去は、生き方が変われば大きなプラスへと逆転する

2013年10月9日

今日は、午前中に(株)九食さんから150㎏のソーセージを寄贈していただきました。
コストコからのベーカリーとソーセージを積んで、山田ホーム(ファミリーホーム)の
皆さんと一緒に、小倉地区の施設を回りました。
依存症回復のための施設:マック北九州→女性シェルターを運営する女性ヘルプサポート、
薬物依存からの回復施設:ダルク北九州を回り、山田ホームに帰ってきました。
帰ってきたら山田さんが叫びます。「みんな出ておいで~」・・・
すると続々と施設から若い子たちが出てきました。みんな何らかの痛みを抱えている子ども
たちです。親元から離れて山田さんを“ゆうちゃん”と慕って共同生活しています。

 

DSCF3375-300x225

 

この子たちが未来を担っていくのです。私たちにできることは希望の光を少しでも大きく
輝かせてあげること!“ゆうちゃん”と帰り際に手を握り合って力を得ました。

フードバンク北九州ライフアゲイン 原田昌樹

14 / 16« 先頭...1213141516

ページトップへ