特定非営利活動法人フードバンク北九州ライフアゲイン » フードバンク北九州ライフアゲインとは

お問い合わせはこちら
ライフアゲインとは
ボランティアの登録はこちら
各種書類ダウンロード
食品ロス削減プロジェクトはこちら
古本寄付のお願い

フードバンク北九州ライフアゲインとは

ミッション

将来、子どもたちが、我々の事業を通して、

環境に左右されず、社会を担える大人へと成長できるようサポートすること

 

 

ビジョン

フードバンク事業を通して、食べ物を大切にする心を育てるとともに、貧困と孤立によって、食べられない、働けない、教育が受けられない人々をひとりも生み出さない、誰もが尊厳をもって「その人らしい」生活を営む事が出来る地域社会の実現

 

 

ロゴマークの由来

ライフアゲインは”息を吹き返す”という意味です。
根本近くから人間の都合で伐採され、無駄にも死んでしまったかのような切り株・・・、しかし、切り株は生きている!時とともにいのちは新しい芽を芽生えさせ双葉となり成長していく。
このようなストーリーを私たちは、この事業のロゴマークに込めました。
捨てられようとしていた食べ物が、フードバンク事業によってもう一度息を吹き返し(ライフアゲイン)、あたたかい人の手を通して、生活困窮者あるいは、希望を失いかけている方々、生活にゆとりをなくされた方々に渡され、その方のいのちも、再度息を吹き返して輝き始める物語を私たちは作っていきたいと思っています。

LogoA


設立の経緯

平成13年4月 任意団体ハッピーアワークラブを設立し、子育て支援事業に取り組む。
平成19年4月 任意団体ミッションロープを設立し、自立支援などの活動に取り組む。
平成25年3月 北九州市八幡西区にC社北九州店がオープンし、C社より食品の提供が受けられるようになったのをきっかけに任意団体フードバンク北九州ライフアゲインを設立。
平成26年1月 NPO法人化の検討を開始。
平成26年5月 NPO法人設立総会を開催。
平成26年10月 NPO法人認証を受ける(平成26年10月7日 北九州市市第204号)。

特定非営利活動(NPO)法人設立認証証(PDFで開きます) NPO Authentication kita204 20161007

法人概要

団体名 特定非営利活動法人フードバンク北九州ライフアゲイン
代表者 原田昌樹(はらだ まさき)
設立年月日 2013年3月
所在地 〒805-0019 北九州市八幡東区中央2丁目14-17(アクセスはこちら
連絡先 TEL / 093-672-5347(ゴミにしない)
FAX / 093-671-2395
メールアドレス fbkitaq@iga.bbiq.jp

法人の目的

この法人の目的は第一に、まだ食べられる食品が多く捨てられる現状において、企業や農家あるいは個人から食品を提供してもらい、必要としている福祉施設や個人に届けることで、食べ物を大切にする意識の醸成を図るとともに、貧困と孤立によって、食べられない、働けない、教育が受けられない人々を生み出さない、誰もが尊厳をもって「その人らしい」生活を営む事が出来る地域社会の実現に貢献することとする。

また第二に、将来を担う子どもたちが、環境に左右されずに、明るく健康に育つようにサポートすることとする。

ファミリーサポート事業の強化

ライフアゲインは、H28年度よりフードバンク事業に、ファミリーサポート事業を加えました。

私は、十数年、里親として幼い子どもを養育してきました。また同時に社会からはじかれてしまった大人とも向き合ってきました。ホームレスの若者、28年間も刑務所生活をくり返しているおじさん、身体を傷つける女性・・・時にお金を持って逃げられたり、心傷む経験をすることもありました。しかし、皆に共通していることは、幼い時に家庭が崩壊し、お母さんやお父さんのぬくもりに触れることなく生きて来られた現実です。

私が今まで家庭支援の中で強く実感してきたのは、食の貧困の根っこは、心の貧困にあり、お腹も心もペコペコの子どもに対し、お腹だけを満たす活動では、貧困の連鎖は断ち切れないと感じています。それで、私たちライフアゲインは、子どもたちが環境に左右されずに、社会を担える大人へと成長できるよう、ファミリーサポート事業を新たな決意を持って加えたのです。

活動が各種メディアで紹介されています。


ページトップへ