特定非営利活動法人フードバンク北九州ライフアゲイン » 2015 » 7月

お問い合わせはこちら
お知らせ・活動報告

最新の投稿

カテゴリ

アーカイブ

2015年7月

農家の協力がなければ進まない食料支援!

2015年07月28日

先日、フードバンク山梨を通して農家から古米を2トンいた
だきました。すべて“もみ”の状態だったので、本日北九州市内
の農家さまに頼んで、籾摺りをしました。

寄贈されたお米は30㎏の袋につめられていましたが、そのお米を
協力してくださった農家様が手間をかけて1トンの袋に詰めかえてくださいました。

フォークリフトで1トンのお米を運び、籾摺り機に投入したら、もみがトラックの
荷台へ吹き出され、玄米はセットされた袋に落ちてきました。
KIMG0251

初めての経験で作業が不慣れで汗だくになり、急遽ボランティアさんに応援を要請しました。
急な要請にも関わらず5名の男性ボランティアさんが駆けつけてくださり、
車3台に積み込んで事務所まで運びました。
KIMG0250

今年は農家との連携をスタートさせることが重要なビジョンです。
今回、クラウドファンディングで購入する恒温高湿庫が活躍するのも農家さまとの連携がカギです。

本当に一歩一歩です。そう感じるときいつもガンジーのことばを思い出し、口ずさみます。

『良いことはカタツムリのように進む!』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

クラウドファンディングサービスはREADYFORです。

 公開HP:https://readyfor.jp/
 
 ぜひ支援の輪に入って応援してください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  fbkitaq@iga.bbiq.jp 093-672-5347(ゴミにしない)
      NPO法人フードバンク北九州ライフアゲイン  
                代表理事 原田昌樹

クラーク博士が青年よ大志を抱けと叫んだ意味が実感できた日!

2015年07月14日

毎月11日はイオンの黄色いレシートキャンペーン日です。
 
7月11日(土)は食品ロス削減学生プロジェクトメンバーが参加してくれました。

現在のメンバーは北九州市立大学の学生たちが中心です。
そのメンバー3名と先生1名、そして私たち2名の計5名で参加しました。
KIMG0235
その日は土曜日だったのでイオンの中は結構な人で賑わっていました。
KIMG0236
12時に終わり、九州女子大学の学生2名と合流して楽しいひと時を
過ごしました。違う大学の学生同士が世の中に変化をもたらそうと
話し合っている姿を見て、私は感動を覚えました。

今月から事務所を構える八幡の中央町では九州国際大学の学生が
学習支援のボランティア活動を考えていると聞いています。

先日の食品ロス削減のサイクリングイベントには九州工業大学の男子学生が
1人で参加して、学内で活動を広げたいと言っていました。

この町で若い力が動き出していると感じました。

何かをしたい!しかし何をしていいかわからない。
何かができる!しかし何ができるかわからない。

そんな彼らの心に、点火できるフードバンクでありたいと思っています。

あの変革の時代の大学生に向き合ったクラーク博士が
『青年よ。大志を抱け!』と叫ばれた気持ちが少しわかったような気がしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

クラウドファンディングサービスはREADYFORです。

 公開HP:https://readyfor.jp/
 
 ぜひ支援の輪に入って応援してください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  fbkitaq@iga.bbiq.jp 093-672-5347(ゴミにしない)
      NPO法人フードバンク北九州ライフアゲイン  
                代表理事 原田昌樹

企業にも学生にも伝えないとアクションは起こらない!

2015年07月8日

 7月3日に大和ハウス工業(株)久留米支店において、
社員対象の人権社内研修会が開催されました。その講演者として
フードバンク北九州の活動とビジョンを紹介しました。

20150703フードバンク様①

世界では4秒に1人が飢餓のためにいのちを失っています。
私たちのミッションは世界の人権軽視の象徴ともいえる食品ロスを削減し、
レスキューされた食品を最も人権が軽視されやすい生活困窮者のレスキューに役立て、
誰もが大切にされる循環型社会を創造することです。

その中心にあるのは「モノ(食品)」ではなく「ヒト」であり、「モノ(食べ物)」が
人を笑顔に変えていく「モノ語り」となっていくことです。

 本日7月7日は福岡女学院中学・高等学校にて講演をさせていただきました。
その講演の最後を次のように締めくくりました。

「今日のお話を聞くだけの人もいるでしょう。しかし、私は聞くだけではなく、
行動を起こしてくださることを願っています。ひとりの行動は微力ですが無力では
ありません!できることを考え、小さな行動を起こしてください。」

そうしたら、講演後二人の学生が近よって来て言いました。
「私たちに何ができるでしょうか?何をしたらいいでしょうか!」
unnamed[2]

私は学生に講演するたびにこのような学生に出会って感じます。
ピュアなハートだな。このハートを持ち続けて欲しいと・・・

現在、クラウドファンディングにて、
収穫野菜配達のために必要な恒温高湿庫の資金を集めています。

クラウドファンディングサービスはREADYFORです。

 公開HP:https://readyfor.jp/
 
 ぜひ支援の輪に入って応援してください。

  fbkitaq@iga.bbiq.jp 093-672-5347(ゴミにしない)
      NPO法人フードバンク北九州ライフアゲイン  
                代表理事 原田昌樹

講演終了:エコネット福岡におけるフードドライブ実施事前講演

2015年07月2日

先日、エコネット福岡の方から、フードドライブを実施する旨が伝えられました。

そのために会員様向けの講演会を開催しました。フードドライブの目的が明確に
されるために行いました。

ぜひ、エコネット福岡において、継続的なフードドライブが実施される
ことを願っています。

日時:7月17日 午後1時より90分程度
場所:臨海3Rステーションにて http://www.econet-fukuoka.com/

                       原田昌樹

講演終了:某大学にて栄養士を目指す学生へ講演

2015年07月2日

昨日、栄養士を目指す学生にフードバンク活動をお伝えしました。

ひとり一人が世界の飢餓の問題や日本の貧困の問題に驚き、
その状況下で大量の食品が廃棄されている現状にさらに驚いていました。

講演後に数人の学生が声をかけてくれました。
ボランティアに参加したい旨を伝えてくれたのです。

学生に講演するたびに感じることは、
心の中で何かを誰かのためにやりたいと思っている若者は多くいるんだ
ということ。その心に応えられるフードバンクでありたいと思います。

                       原田昌樹


ページトップへ