特定非営利活動法人フードバンク北九州ライフアゲイン » 2014 » 10月

お問い合わせはこちら
お知らせ・活動報告

最新の投稿

カテゴリ

アーカイブ

2014年10月

10月25日に食品ロス削減シンポジウム(食品ロスと子どもの貧困を考える)が行われました。

2014年10月27日

10月25日に食品ロス削減シンポジウム(食品ロスと子どもの貧困を考える)が行われました。

シンポジウムの詳細はこちらをご覧ください。

法人認証記念大会「食品ロス削減シンポジュウム」皆さんに感謝!

2014年10月26日

ホームページが開設され、しばらくブログ更新ができずに申し訳ありませんでした。
昨日、法人認証の記念大会「食品ロス削減シンポジュウム」が終わりましたので、
少しゆとりもでき、ブログを更新していきたいと思います。
まず、昨日の件からお伝えし、ここにいたるまでの過去を、
さかのぼって振り返り、何日間かに渡ってお伝えしていきます。

 

昨日は、150席満席のウエル戸畑多目的ホールに130人程の方々が来場され、

来場された方々に心から感謝申し上げます。
DSCF1207

 
北橋健治市長も挨拶のために来場してくださいました。
食のセーフティーネットの構築は、行政との協働が欠かせないので、
市長のお考えを、市長の口からお聞きすることができてよかったです。
DSCF1157

 

講演のトップは日本国際飢餓対策機構の田村さんより、世界の飢餓に苦しむ子どもたちの

様子を話と映像で伺いました。
講演2は日本における食品ロス削減の取り組みを国の立場で九州農政局の山野さんより
伺いました。
講演3は、企業におけるフードバンク事業への取り組みをサントリーホールディングスの
森川さんより伺いました。

 

DSCF1206

 
講演4は、食のセーフティーネットと子どもの貧困について、フードバンク山梨の
米山さんより伺いました。
ここで特別ゲストとして、“ふるさと料理人”藤 清光先生のトークがあり、
軽快な話の中で、会場の空気に新鮮な風が流れ、皆さんのお顔が笑顔に包まれました。

 
DSCF1229
DSCF1240

 

 
最後は、我々が目指すべき方向を、私のことばで伝えさせていただきました。

 

 

振り返れば1年と少し前にスタートし、よくここまでたどり着けたなと感じます。
今後も、航海に荒波が押し寄せるでしょうが、皆さんと協力して、
社会的に弱い立場の方々が夢と希望を失うことのない社会を、800万トンという
食品ロスを役立てて築いていきたいとおもいます。
今後ともご支援をよろしくお願いいたします。

 

 

fbkitaq@iga.bbiq.jp 093-672-5347(ゴミにしない)
フードバンク北九州ライフアゲイン  原田昌樹


ページトップへ