特定非営利活動法人フードバンク北九州ライフアゲイン » 2013 » 11月

お問い合わせはこちら
お知らせ・活動報告

最新の投稿

カテゴリ

アーカイブ

2013年11月

フードバンク事業を通して“君は世界で1つだけの花だよ”とメッセージを送りたい。

2013年11月23日

今日は、先日から始まった到津の森公園へお肉の配給に行きました。
水曜日と金曜日に配給日が決まりました。飼育係りの方々もとても喜んで
くださりうれしいです。園長ともフードバンク事業についてお話をする機会がもてました。
先日、子どもに豚が豚肉になるまでの絵本を読み聞かせました。
私たちの食品となるために殺された動物たちのお肉が廃棄されずに動物園で役立てられ
心があったかい気持ちになりました。余談ですがライオンの赤ちゃんの名前はチャチャ丸です。

 

DSCF3391-300x225

 

2013094-225x300

 

昨日は、新聞記者が取材に来られ、北九州で始まったフードバンク事業について
お話をさせていただきました。私は廃棄される食品の姿が、社会から「あなたはいらない!」
と片隅に追いやられている人々と重なって見える気持ちを伝えました。
もちろん食品ロス削減、新たなセーフティーネットの構築、3R政策などは重要な問題です。
しかし、それ以上に社会の人々が思いやりを失って競争社会にのまれていることの方が
問題だと感じています。夫婦がゆっくりと語り合えず、親子の絆が薄れ、家庭が崩壊していることが問題だと感じています。私は食品ロスを削減しつつ、人があたたかい心を取り戻す事業へと発展させたい。歌ではなく事業を通して“君は世界で1つだけの花だよ”とメッセージを送りたいです。みなさんの声援が私たちのエネルギーです。

 

どうぞこれからもフードバンク北九州ライフアゲインを応援してください!

フードバンク北九州ライフアゲイン 原田昌樹

日々の出会いがやりがいにつながり、励ましと力をいただいています。

2013年11月6日

今日は、北九州市若松区にある、学術研究都市内の
「福岡県リサイクル総合研究事業化センター」のNさんから連絡があり、
フードバンク北九州の展望をお伝えしました。
ともに意気投合し、これから地域に根ざし、地域に愛されるフードバンクに
成長するために、お互いにどう協力し合えるかを話し合いました。
とても有意義な時間でした。コストコでのフードバンク活動を見学したいということで、
一緒にコストコに行き、ボランティアの皆さんと記念写真を撮りました。

 

DSCF3390-300x225

 

午後には、コストコへもう一度食品寄贈のお肉をいただきに行きました。
お肉は動物のエサに限っての寄贈で、いよいよ到津の森公園へ配給に行きます。
お肉の廃棄が“もったいない”のと、動物のエサ代が不足していると
園長からお聞きしていたので、コストコと動物園の間ににフードバンクが入り、
お話を進めていました。やっとコストコの承諾がでて、今日が初めてのサンプル配給でした。
到津の森公園の職員や飼育係の方々が出迎えてくださり、とても喜んでくださいました。
ライオンの赤ちゃんが生まれたそうです!

フードバンク北九州ライフアゲイン 原田昌樹

地域ごとにボランティアの輪が広がり、手をつないでこの町を愛で囲もう!

2013年11月5日

先日の金曜日から、門司地区のボランティアにEさんが加わってくださいました。
小倉の拠点にカトリック小倉教会が場所を提供してくださり、
今後の活動にとって本当にありがたいです。

 

DSCF3387-300x225

 

私は食品をお届けしながら心を引き締めています。
なぜなら、日々の活動であり余っている食品をお届けすることに
気持ちを奪われ、それで安心してしまう時があるからです。
本来の事業目的は、食品を通してあたたかい心をお届けすることです。
廃棄されようとしている食品が社会的に弱い立場の人々に重ねて見えた。
だから立ち上げて歩みだした事業です。この事業の目指すところは、
は社会構造を変革する新しい循環型社会の構築にあります。
そのことを忘れてはいけない!そう感じています。

フードバンク北九州ライフアゲイン 原田昌樹


ページトップへ